HTML> topics
HOME



三浦半島最高峰 大 楠 山 2019 /3月7日



前田川から緩やかに登り大楠山へ

山頂からゴルフコース沿いに下り、山里の道を菖蒲園へ

コース&タイム;
逗子駅=前田橋バス停9:35〜前田川遊歩道〜登山口9:55〜10:55山頂241m
山頂11:20〜阿部倉11:45〜12:10しょうぶ園12:20〜12:55衣笠駅
所要時間;3時間20分 、 歩行時間;2時間45分



大楠山は三浦半島のほぼ中心部にあり山頂は広く、レストハウス建物の屋上が展望台になっていて、360度の大展望。 さらに視界が広がる鉄骨の高い展望塔がありますが、こちらは立ち入り禁止になっていました。
手軽なハイキングコースとして人気の山です。
この日は前田川遊歩道から山頂へ、下山は衣笠山公園経由で衣笠駅へ出るつもりでしたが、産廃処分場建設工事の為にこの下山ルートが通行止めになっていました。
迂回路は複雑なので、菖蒲園経由で衣笠駅へ出ることにしました。こちらの経路は初めてなうえに地図の用意がありません、阿部倉へ下りてから菖蒲園へ出るのに結構迷いました。 尚、地元の阿部倉温泉『湯の沢旅館』は現在日帰り入浴のみの営業です。
菖蒲園からのバスは1時間に1本なので駅まで歩きました。40分足らずです。
折角なので菖蒲園にも入りましたが花のない季節はつまらないですね、菖蒲の時期は有料となり人が溢れるそうですが、この日は閑散としてました。


前田川遊歩道、飛び石伝いに右岸左岸と渡ります。かつては魚影が走ったが、この日は気配なし。

山頂直下には国交省の気象レーダーがあり、急階段を経て山頂へ。大きな富士山が待っている。

展望台より、葉山ゴルフ場越しに東京湾横浜港方向を望む

南側眼下に小田和湾

こちらは江の島と丹沢山塊

相模湾の外海に伊豆大島が浮かぶ

山頂は広く平らに整地されている

山頂直下、国交省降雨観測レーダーの敷地を一面の菜の花が囲む、秋はコスモス

3/10 掲載


索引へ登山歴へ